author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

彼女が彼氏との恋愛で得たエネルギー

2016年10月9日日曜日 彼氏 彼女

久しぶりに同業者の女性と顔を合わせたら、なんだか彼女の周辺にただよう雰囲気が以前とガラッと変わっていたので「なるほどね・・・ふふ」と微笑ましくなった。それというのは、彼女に最近恋人が出来た、と人づてに聞いていたので。

私と同年齢の彼女は、新しい恋人のことをずっと前から「年下すぎて対象にならないわ、彼は若すぎる」とさんざん悩んでいた。でもその彼は私の彼氏くんより2歳も年上の26歳、「全然余裕よおー」といつも彼女をけしかけてきた私だった。

なんだかんだといいつつ彼の熱心なアプローチについに降参した彼女は晴れて彼氏を持つ身となったのだけど、実はそうなるまでの1年間くらい、顔を合わせるたびに「ああ、いい出会いがない、出会いがあってもうまくいかない」と口癖のように嘆いていた。

決して暗い人でも嫌な人でもないし、趣味を楽しんだり仕事を頑張ったり、前向きな女性で私も好感を持っていた。けれど、あまりにも口を開けば「出会いがない」「つまらない」と言うタイプの人と、いつも一緒にいたいと思う人は少ない。

しかし今日あったときの彼女は別人だった。

表情がやわらかく、優しい微笑みが常に口元に浮かんでいて、「久しぶり!」という一言にもなんともいえない華やかさが匂い立つ。きれいな人だなあ、と今日改めて思った。ランチバッグを開ける仕草、マグカップの取っ手をつまむ指先まで、女性らしくてたおやかで、幸せがみなぎっているという感じだ。

具体的に丁寧なメイクをしていたりパール感のあるグロスをきちんと塗っている口元が女らしく見えるということはあるんだけど、やっぱりそこはかとなくただようつやっぽさは、満ち足りている人独特のものだと私は思う。

ここでポイントとなるのが、実は彼女が彼とつきあいだしたのは昨日と先週とかではなくて、もう数週間前であることだ。


でも、こんな劇的な変化を見ていて感じたのは今日が初めてのことだった。

私が勝手に想像するに、先週末あたりに彼とついに一線を超えたのでは?なんて、人の恋愛についていちいち妄想するなと言われそうだけど、このカンについてはかなり正しい自信がある。

ずうっと昔、「性的に満たされていない人の側にいないほうがいい」という変わった忠告を受けたことがある。風水とかエネルギーのフロウについて詳しい人から。欲求不満を抱えた人間は怒りのエネルギーを知らないうちにためこんでいるから、近くにいるととてもひどいダメージを受けてしまう恐れもある、と・・・。

今日の幸せな彼女の様子を見ていると、とくに何を話しているというわけじゃないんだけど、ただただ側にいてハッピーなエネルギーが放射されているようで心地よかった。目には見えないけどやっぱりそういう何か、バイブレーションのようなものって存在するのかもしれない。以前の彼女と一緒にいるときとは全然違う感覚だった。

私の場合はどうなるのかなあ、彼氏とのことは幸せの一言につきるけど、しょせん遠距離恋愛。会えない間は触れあうこともできなくて、私もあまりよくないエネルギーフロウの中にいるのだったら残念なことだ。1か月分のエネルギーフロウを維持できるくらい、この次会ったときに彼氏と情熱的に抱き合っておけばいいのかしら?そんな体力をつけるために、今日も早めにベッドに入ろうかな・・・いつもの一人のベッドへ。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 今でも、やっぱり結婚すれば良かったのかな、と、考えない日はない。 彼氏と出会わなければ、私は今頃結婚の準備で忙しくしていたんだろうと思う。 国際結婚だから、普通の結婚以上に手続きが面倒で時間がかかる。きっとそういう面倒な手続き一切を私がなんとかしようとして、協力的でない元...
  • 別れるか? 結婚するか? ふとしたときに何の脈絡もなく、元婚約者と過ごした日々のひとこまが頭に浮かぶことがある。 私のお誕生日に彼のアパートに行ったら、キッチンにピンクの薔薇の花が一輪、まだ紙につつまれて置いてあったこと。そのきれいな花弁の形、摘みたての新鮮なピンク色。そ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...