author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

驚愕のマスタークレンズとレモネード・ダイエット

2016年7月23日土曜日 ダイエット レモネードダイエット 生理食塩水

マスタークレンズという言葉を最近耳にしたことはないだろうか。


体験した人はみんな一種の興奮状態となってその衝撃の成果を報告しあう。とにかく・・・
「すごかった!!」
としか言いようがない。

もちろん、すでに体験済み、かなりはまりつつある私も・・・スゴかったです!やり方は簡単。興味のある人は「レモネードダイエット」あたりでググルってみればたくさん情報が入手できるはず。

私はこのダイエットの部分よりも、クレンズの部分に主に衝撃を受けた。簡単に言うと、朝一の空っぽの胃の状態で、生理食塩水を1リットルほど飲み干すのだが・・・


ああ、人間はしょせん、一本の管なんだ。ということを実感させられた。生理食塩水の濃度は胃腸で吸収されず、どどどどーっと一気に下まで移動して、腸内をきれいに洗い流してくれるのです。

以下、食事中の人は読むのを禁止。
もう、蛇口をひねったような状態・・・。1、2時間は、トイレから離れることができないでしょう。これでもかというほど、おそうじされて排出されつくし、体中の毒が出きった!!と実感するこの快感。はまります。

生理食塩水を飲むのはかなり厳しいけど、これは慣れるもの。それに、結果を一度でも体験したら、1度目は途中で飲めなくなっても、「次はちゃんと飲もう!」って思うはず。

それから断食。この「お腹空っぽ」状態があまりに快適で、空腹を感じても、もう固形物を口に入れたくなくなってしまうので、けっこう続く。精神的な部分で断食続行を可能にする、画期的と言っていいようなダイエットだ。レモネードは甘いのでなんとなく満足して断食もそれほどつらくない。

こうして私は、渡米以来、絶対に超えられない壁だと思っていた100ポンド(45キロくらいかな)を、あっというまに下回ることができた。本当にあっけないほどに簡単に。

ボール紙のようにペッタンコになった自分のお腹、もう、嬉しくて嬉しくてしょっちゅう鏡に映してみとれてしまう。今まではいていたスカートもパンツも、ゆるくて笑っちゃうくらい。どういうわけか胸のサイズは変わらない!っていうのがこのダイエットの特徴で、これを話題にしてるブログの人々もみんな言っている。


1週間で約6キロほど痩せたかな?ただし、断食でやせる場合、筋肉も落ちている気がしてあまり油断ならないけど。100ポンドを超えないことをめざし、食事を少しずつ戻しながらエクササイズで次はひきしめにかからなければ。


ところで、このダイエット、私は外見への効果に負けず劣らず、精神的な部分の効果にとても感謝している。
とても不思議なんだけど、断食をしばらく続けると、潜在意識のドアが開くというか、いつも自分が潜在意識に通じているという感覚にたびたびとらわれる。夢がとても鮮やかで具体的なものいなる。そして、自分が潜在意識の中で本当に欲しているものが突然はっきりとわかったりするのだ。

しかし思った以上のダイエット効果/精神的効果に、ほんと嬉しい驚きだったなあ・・・で、肝心の決断は・・・。自分ではもう答えは出ているのだけど・・・実行に移してしばらくしたらこのブログにも書けるといいな、と思っている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 今でも、やっぱり結婚すれば良かったのかな、と、考えない日はない。 彼氏と出会わなければ、私は今頃結婚の準備で忙しくしていたんだろうと思う。 国際結婚だから、普通の結婚以上に手続きが面倒で時間がかかる。きっとそういう面倒な手続き一切を私がなんとかしようとして、協力的でない元...
  • 別れるか? 結婚するか? ふとしたときに何の脈絡もなく、元婚約者と過ごした日々のひとこまが頭に浮かぶことがある。 私のお誕生日に彼のアパートに行ったら、キッチンにピンクの薔薇の花が一輪、まだ紙につつまれて置いてあったこと。そのきれいな花弁の形、摘みたての新鮮なピンク色。そ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...