author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

彼氏の表情が元彼の表情と重なる

2016年8月26日金曜日 元彼 彼氏 表情

元彼の呪いに打ち勝った彼氏の愛?
私の彼氏がアメリカに滞在していたころのこと。

何かの話の流れで、急に「ああー、おいしい和風デザートが食べたいなー、氷宇治金時とかさー、白玉あんみつ・・・」と私が言い出したことがあった。

アメリカにいても基本的な和食にはそれほど困らないのだが、私が住む地域の日本食レストランといえば「寿司、とんかつ定食、ラーメン、うどん」とかをひとつの店でいっぺんに出しているようなところがほとんど。アメリカ全体を見ても、「寿司屋」とか「蕎麦屋」などの専門店ってかなりの大都市でなければ見つからない。

和風デザートだけの「甘味処」なんて、だから、夢のまた夢だ。なんかこうおいしそうーな抹茶ソフトクリームがのったあんみつセットとか、銀座あたりによく可愛くてお洒落なお店にあるけど・・・ああいうのはほんとアメリカでは(私の住む地域では)無理。

「そんな私の気持ち、短期滞在の彼氏にはわからないでしょ!」と、このとき私は彼氏に対して訴えていたのだった。「あれが食べたい!って思ってもすぐそのへんで食べられないのってつらいのよー」と言う私に、神妙な顔でうなずく彼氏くん。

翌日。

仕事から帰って、いったん自分のアパートでシャワーを浴びて着替えて、デート仕様に変身!して彼氏のアパートへ。

ドアを開けると・・・

「抹茶白玉ぜんざい」が、私を待っていた。

彼氏の服にはあちこちに白玉粉がくっついてるし、ボウルとか抹茶の粉のパッケージが散乱してるし・・・彼氏が白玉粉を水でといてひたすら丸めていた様子が目に浮かぶようだ。キッチンに立つ彼氏の様子は心持ち疲れた感じで、でも顔には達成感の表情。驚く私を見て満足げ。腕まくりした腕にも白玉粉が・・・。

私がひとこと「和食デザートが食べたい」と言ったから。

彼氏は仕事から大急ぎで帰って来て、日本食スーパーで材料を買って、ちゃんと和食デザートを用意して待っていてくれたのだ。

それも、大きなおなべに一杯!

もう、こんなことしてくれる彼氏が可愛くて、嬉しくて、彼氏くん!ありがとう!と叫んで抱きつき、顔中にご褒美のキスを降らせたのは言うまでもない。


彼氏とつきあいだしてしばらくの間、彼氏のいる職場を仕事で訪ねるのは、楽しみな半分、ちょっと恐くもあった。

仕事をしているときの彼氏は、当然ながら、彼の部屋で二人きりでいるときに「美樹ちゃーん」と甘えてくる彼とは別の人だ。とても自然にふるまっているけど、表情があまり変わらなくて淡々としている。

普段の溺愛ぶりを考えれば、そんな心配をする必要がないことは明らかなのに、私はいつも彼のそんな表情を見ると少しだけ不安になってしまうのだ。

元彼のことを思い出すから。

私と元彼は、同じ職場の、顔をあげればちょうど目が合うような位置で働いていた。距離にして、15メートルくらい。

1か月か2か月に1度会えればいいほうだった元彼のことは、そうやって、いくつかの机ごしに遠くから顔を見ることのほうが圧倒的に多かった。私が思い出す元彼の姿も大抵、電話で話したりコンピュータに向かっている彼の、声は聞こえなくて、表情だけ。

一緒にいるときの親密さが嘘のように、遠く離れて他人のように働く元彼。連絡を待ちこがれながら、そうやって毎日、ただ見ていることのつらさと言ったら。本当に一瞬、一瞬がつらくて苦しくて、苦しみに耐えようとして一日中眉根をけわしく寄せていたせいでひどい頭痛になったほどだ。

仕事のあとに彼氏から連絡があって、「さっきの仕事中の美樹もきれいだったよ(ハート)」みたいなメッセージを見ると一気に脱力するのだが・・・

元彼の呪い、というか私のトラウマもけっこう根深いものがあるんだなあ、となかば自分にあきれぎみ。

心配する必要なんてないのに。だって、元彼と彼氏は本当に何もかもが逆だ。

元彼は私に自分の予定を一切知らせてくれなくて、朝、出社してみたら元彼がいない・・・と思っていたらそのまま二か月、海外出張だったことが後になってわかる、なんてことはしょっちゅうだった。

それに比べて彼氏ときたら、遠距離になった今でも、起きている間は1時間おきくらいの勢いで「写メール」してきてくれるので、彼が何時に起きて、朝、昼、晩と何時に何を食べたか、誰に会ったか、仕事で何があったか、今日はどんな体調か、髪型はどんなか、服は・・・、何から何まで、まるで一緒に暮らしているようにわかっている。地球の裏側にいるというのに。

アメリカですぐ側に暮らしているときもそれは同じだった。普段携帯メールで常に誰かと連絡しあっている日本の男の子ってこんなものなのかな?と最初は思ったけど、それにしても彼氏のメール攻撃は激しい・・・。

1、2か月に一度じゃなくてもっと会いたい、とどんなに願ってもかなうことのなかった元彼と比べて、「毎日会うのが基本。お互いに別の予定がない限り、会える時間は常に一緒にいたい」と言う彼氏。

元彼とは恋人同士としてつきあっていたわけじゃないから、比べること自体おかしいのはわかっているのだけど・・・

元彼を好きだった頃、10年前、まだ24歳だった私は今よりずっと若くて肌にくすみもなくて、当時の写真を見ても、ただ立っているだけでそこに光があるような、その年齢特有の華やかさがある。生物としての盛りが今じゃなくてそのときだというのは、きっと別の星からきた宇宙人でもわかるんじゃないかと思うくらいだ(変な表現だけど。生物学的本能に訴える違いがある、と言いたい)。

でも、10年後の私はあの頃よりずっと幸せで満たされている。自分のことも、あの頃より今のほうがずっと好きだ。あの頃のピンとはりつめて落ち着かない感じとくらべて、今の生活のほうがずっと楽。

若い=幸せとは限らないんだなあ。何よりもあの頃は仕事がつまらなくて、ただの事務職OLである自分が嫌でたまらなくて、かといって何か新しいことを始める気力もないほど元彼との恋愛でエネルギーを使い果たしていて、ほんと何もかも悪循環だった、何をやっていてもつらくて悲しかった。元彼に愛されていないということが、日常の物事すべてに、堪えがたいほど憂鬱な影を落としていた。

今はその逆で、毎日、何をしていてもそこには私への彼氏の視線がある。誰かが私に恋いこがれてる。その考えだけで、日常が突然、カラフルな色がついたようにとびきり楽しいものになってしまう・・・恋愛初期の陶酔感。

24歳の頃の私の写真を見ても、彼氏は「今の美樹ちゃんのほうがいい」と言い張る。ま、その逆は思っても言えないよね、と知っていてもやっぱり嬉しくて、彼氏が可愛い。

そんな彼氏が、表情によってはとてもあの冷たかった元彼に似ていて、そしてそんな表情のまま、愛しげな目で私を見つめて優しい言葉をたくさん口にするから・・・

なんだか本当に不思議な気持ちだ。

- - - - - - - - - -

元彼みたいな人がもう一度現れて、かつ、私を愛してくれればいいのに、とずっと思い続けていたけど、神様がまた私の願いを聞き入れてくれたのかしら。

長いこと、もう一度元彼に出会った頃に戻れたら、いろいろなことをもっとうまくやって、幸せな恋愛にしてみせるのに、と考えていた。

決して変えることのできない過去の出来事、こまかいことひとつひとつを、巻き戻しては修正し、私と元彼の台詞のひとつひとつを言い換えてみる。そんな空しい作業を、私はこの10年間、飽きることなく繰り返してきた。

神様が私の願いをかなえようとして、彼氏と出会わせてくれたのかどうかは、よくわからない。

でもひとつだけ今私にわかっているのは、今、24歳の過去に戻っても、私は何もかもまた同じようにするだろうということだ。

だって、全部同じようにしないと・・・たくさんの偶然が重なって・・・彼氏くんにこうして出会えないものね。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 車にお財布置いてきちゃったから、先に部屋に入っていて。そう言って彼氏がホテルの部屋の鍵を手渡したとき、何かちょっと変だな、とは思った。 普段はそんなときもうちょっと慌てるし、ほんの少し離れるだけでも寂しがって私をいったんギュッと抱きしめるのがいつもの彼氏なのに、妙に冷静であっ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 相手はアンディというイギリス人の男の子だった。欧米から日本に駐在にくる外資系企業の社員が皆そうであるように、南青山というとんでもない場所に彼は住んでいて、そのとんでもなく高級なマンションの一室に私たちはいた。 そうして、彼との行為中に泣くということを私は初めて経験した。 彼...