author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

30歳の年齢差でも恋愛できる年下彼氏の恋愛遍歴

2016年9月7日水曜日 歳の差 年下彼氏 恋愛

――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。

別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の子の心理には奇異や算段がなければ素直に理解できないような‥何かがなければおかしいような気がするのだ。

普通の男の子とちょっと違う何かが……。

というのも彼氏の場合、好きになったら相手がたまたま年上だった、というのではない。今までつきあった女性はすべて年上という、筋金いりの「年下彼氏」タイプだ。

初めてつきあった女性が6歳年上・・・当時彼氏が16歳、彼女が22歳。彼氏のほうが彼女を好きになって「頑張って口説き落として」つきあうようになったとのこと。高校一年生の彼氏を短大生の彼女が車で迎えにきて、デートしていたらしい。


同級生の男子と女子が一緒に家まで帰る・・・とかいうのがその当時の「つきあってる」の内容だったような当時の環境で、22歳の彼女は立派な大人の女。同級生の男子たちにとってもれば垂涎もののうらやましいおつきあいだったに違いない。けれど、普通は22歳の年上女性にあこがれてもあえて一歩踏み出して口説こう、つきあおうと考えたりはしない。そんな中で彼氏は迷わず、同級生の女の子たちに目もくれず、22歳の彼女を口説いた。

そのへんからしてやっぱり、ちょっと普通と違う男の子だったんじゃないか、って気がするのだ。


そういえば一度、
「年上が好き、って、限界は何歳?何歳までなら平気?」
って質問したら、返ってきた答えが
「うーん、最低3歳年上じゃないと。それ以下だと年上って気がしないからなー」
だった。

そっちの限界じゃないよー!と、がっくり腰が抜けそうになった。上の限界じゃなくて、下の限界を答えられてしまった。あらためて、
「今まで好きになった人で、一番年上の人って何歳だった?」
と聞くと・・・
「俺が20歳のとき、50代前半くらいの人だったかなー?」。
またもや腰が抜けそうになった、今度は驚きと理解不可能!っていうショックで。


詳細を聞いてみると、社会人になったばかりのころ、上司の奥さんでとても可愛い人がいたそうだ。50代なんだけど、いつも元気で明るくて、ちょっとキャピキャピしたところが残っていて、「可愛い」という形容がぴったりだったそう。好感を持ったとか、お母さんを慕うみたいに好きだったというのではなく、はっきりと「恋愛感情」として好きだったとのこと。

「上司の奥さんだから自分からはさすがに口説けなかったけど、もし誘われたら絶対行ってた!」
と、言い切っていた。20歳と50代。

実に30歳差以上でも恋愛感情をもてるということだ。


その他、彼氏を分析しようと思ってした質問とその答え:
「どうして年上がいいの?」
「うーん、なんか、やりがいがあるから。落としがいがある」
(いまひとつ意味がよくわからない・・・)
「じゃあ60歳の女の人とかから告白されちゃったらどうする?」
「一応、検討してみるよ!だって60歳だって女の人だもん!!・・・・でもなあ、一応オカンより上だとオカンに悪い気がするなー・・・」
(とにかく、女の人全般にとても優しい彼氏くんなのだ。女の人は守るべきもの、という固い信念を持っている。)

「どうして年下じゃだめなの?」
「わかんないけど、なんか、むかついてくる。話が合わない」
(年上彼女とばかりつきあいすぎて、自分の話が年上と合うようになってしまったのでは)
というわけで、数々の質問をしてみてもあまり彼氏の年上女性好き心理の分析にはあまり役立たなかったのだが、普段つきあっていて私の実感として思うことがある。


彼氏はいつも、私を失うのではないかと不安で仕方ない。少しでも私の機嫌を損ねたと思うと、「俺のこと嫌いになった?」と本気で心配して聞いてくる。別に、とかそっけなく答えるとさらに心配になるようで、「そんなことないよ。彼氏くん大好きよ」と私がちゃんと言ってあげるまで安心しない。

これがもし、同い年の彼女だったら。こういう質問を何度もされているうちに、あまりもの彼氏の不安と感情表現とに圧倒されて、やがて受け止めきれなくなってしまうのではないだろうか。

年上彼女というのは、年下の男の子に対してあらゆる意味で余裕がある。たとえば経済力とか精神的に大人、とかいろいろな種類の余裕があるなかで、彼氏が求めるのが「不安を受け止めてくれる余裕」なのではないかと思うのだ。

私と彼氏の関係の中で、彼氏が楽をしている部分がたくさんあるとは思わない。男女が逆転したみたいに、食事を作ってくれたり掃除してくれたり、こまごまと尽くしてくれる上に、男が普通に負担する力仕事とか車での送り迎えもやっぱりちゃんとやってくれる。私が圧倒的に楽をしている関係。

でも、実は彼氏は、精神的な不安定さや寂しさを、私に丸ごと預けてしまう楽さを手にしている。

感情をそのままストレートに表現しても、泣きじゃくっても、小さなことで嫉妬したりすねたりしても、全部、「可愛い」でまとめて受け止めてくれる年上の女性。これは彼氏にとってかなり重要なポイントで、細やかな気遣いも力仕事も全部ひきうけるだけの価値がある、「楽」な部分なのではないか。

題名の「チョコレート・マティーニ」からだいぶ内容が離れてしまったんだけど、要はマティーニのグラスに唇を押し付けている彼氏くんがあまりに可愛くて、ざっと以上のようなことを考えたということ。

それに・・・
見た目が可愛らしくて、味わうと甘くておいしくて、でもつい飲みすぎると酔って頭がクラクラしてしまう・・・そんな「チョコレート・マティーニ」は、まるで私にとっての彼氏の存在みたい。

ちょっとは自制しないと明日は朝早くから仕事だしな。なんて思いながらも、今夜もついつい、たくさんおかわりしてしまうのだ。  
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 今でも、やっぱり結婚すれば良かったのかな、と、考えない日はない。 彼氏と出会わなければ、私は今頃結婚の準備で忙しくしていたんだろうと思う。 国際結婚だから、普通の結婚以上に手続きが面倒で時間がかかる。きっとそういう面倒な手続き一切を私がなんとかしようとして、協力的でない元...
  • 別れるか? 結婚するか? ふとしたときに何の脈絡もなく、元婚約者と過ごした日々のひとこまが頭に浮かぶことがある。 私のお誕生日に彼のアパートに行ったら、キッチンにピンクの薔薇の花が一輪、まだ紙につつまれて置いてあったこと。そのきれいな花弁の形、摘みたての新鮮なピンク色。そ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...