author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

彼氏と二人‥雨の恋愛劇場

2016年9月14日水曜日 二人 彼氏

彼氏が滞在する前日にタイミングよく生理が終わったように、神様は私たちが一緒に過ごす一週間を、雨と曇り空だけの毎日にした。

? せっかくの一週間が雨続きだったなんて、ついてない!と普通なら思うだろう?

でも私たちにとっては、降り続ける小雨とぼんやり曇った空が、どこにも出かけずに部屋にこもっていることのちょうどいい言い訳となった。

素肌をシーツでくるんで、二人で雨の音に耳を傾ける。いっときお互いに夢中になっていて聴こえていなかった雨の音に、まるで初めて気がついたように、「まだ雨だね」「もう今日は出かけるのやめようか」なんて会話を、けだるい気分の中でひっそりと交わす・・・誰にも聞かれないとわかっているのに、小さなささやき声で。

どこからどこまでが一回、二回、なんて数えられない・・・昼過ぎから夕方までずっと続く、けだるいおしゃべりと、無言で激しいひととき。交互に、飽きもせず・・・何度も繰り返し。ああ……私って、恋愛体質な女だ。

私は抱き合ったときに見える彼氏の右肩の風景が好き。

ちょうど右耳のピアスが唇に触れるような距離にある。焦点がぼやけたあたりに固い肩の筋肉が、私を強く抱きしめるために力強く盛り上がっていて、その向こうにきれいな背中のラインが見える。

腕をまわすとしっかりと手応えのある胸の厚みも好き、その感触を楽しみながら、彼氏の少し伸びた髪が、うなじのあたりでくるんと沿っているのを見るのも好き。首筋に髪がかかるくらいの長さ、その毛先にキスしても彼氏は「くすぐったい」と言うのだ。なんて可愛いの!と思ったつぎの瞬間、手首をつかまれて攻められる体勢になっているのは私のほう。


そう、このギャップというか彼氏が急に男の子らしくなるときの表情に、私ははまっている。動物園の猿並み、いや猿以下、と自分たちでも認めているけど仕方ない。彼の肩ごしの風景を見るだけで、私は何度でもスイッチがはいってしまうのだもの。即物的な表現だけど、あまりにたくさん体から水分を分泌するもので、やたらと喉が渇く。

そういえばこういうことがずっと前にもあった、元彼という10年前にはまってしまった恋愛相手のことで、一日中泣いて泣いて、涙で水分を使い果たして水を何リットル飲んでも喉が渇いた。同じ水分不足でも、今回は幸せな乾きだなあ。

窓の外が薄暗くなるころ、おなかすいたね、と言って二人で昨日のディナーの残りのサラダをつまんだり、お茶をいれたりして、リビングのカウチの上で過ごす。時差ぼけしている彼氏が「うーん、まだ眠い」と言ってお茶の途中でもたれかかってきたりして、私もウトウトしたりして、やっぱり最後は二人でベッドルームに戻る。

「お買い物に行こう」とか「今日は美樹ちゃんの友達とお昼ご飯食べようよ」とか言い出すのは、いつも彼氏のほうだ。

私は彼氏と外出したりほかの人と一緒に会うのは気が進まない。えー、まだでかけたくないな・・・やだ、私彼氏くんを独り占めしたいもん、・・・そんな風にいつまでも二人きりを長引かせようとして、服を着ようとする彼氏の邪魔をしたりする。

私があまりにそんな風なので、彼氏はついに「俺のこと若い体だけが目当て?」なんて質問をする。半分冗談だけど、残りの半分は本気だからおかしい。おかしくて、可愛くて、なんだかいじらしくなる。

そうよ。体だけが目当てよ。と、わざと意地悪く言うと、どういうわけか彼氏は冗談で泣くふりとかしながら、ちょっと嬉しそうだ。本気で体が目当てだったらさすがに傷つくんだろうけど、冗談で言われるのは微妙に快感なのかも、男としては・・・「体が目当てなんて本望だ!」って感じなのかな。あるいは「俺の体に夢中にさせた!」っていう征服感?

一方でそんなイジワルを言う私のほうは、泣くふりをする彼氏が可愛くて仕方ない、と同時に少し心が痛む。なぜって、そのイジワルは100%嘘というわけじゃないからだ。


- - - - - - - - -


私の友達と、彼氏とを会わせるのはあまり好きじゃない。

あまり話が合わないというか、共通の話題自体あまりないから、長い時間、楽しい雰囲気を維持するのが難しい。

私の友達といえばみんな30代半ばだし、社交術にたけているから、話題も豊富で相手にあわせるのが上手。最初の1時間くらいなら、彼氏くんに興味を持つそぶりでいろいろ質問したり、どうでもいいような彼氏くんの話に熱心に耳を傾ける様子を見せてくれる。

彼氏くんにはそのへんの見分けがつかない。とても素直でいい子だし、お母さんや年上の兄、姉たちに可愛がられて育ったから、自分に周囲の注意が集中するのが当然だと思っている。

でも、友達の立場になってみれば・・・女友達の彼氏なんてどうでもいい、というのが正直なところだ。どんなにかっこよくたって自分のものじゃないんだから意味なし。自分のものどころか友達の彼氏なんだから、世界中で一番可能性なし。ほんと意味がない。別にかっこよくなければさらに興味なし。自分に彼氏がいなかったら興味なしをとおりこえて苦痛。なんで仲良い二人を目の前で見てご飯食べなきゃいけないのか。彼氏がいなければ女同士の話で盛り上がるところを、それも全然できないし。

そういう友達の無関心をとりつくろった社交的会話を橋渡しする私も、けっこう苦痛。ああもう、さっさと食後のコーヒーを飲んでお金を払って帰らなきゃ、ってそればかり考える。

そうやって早めに友達と3人でのランチを切り上げて帰ってきたら、二人きりになったとたん、彼氏がすねてしまった。「・・・美樹ちゃん、友達が一緒にいると冷たい」「二人の会話の輪に入れなくて寂しかった・・・」「俺に関係ない話をしたそうだった」・・・ええ、そのとおりです、するどい、彼氏くん。

彼氏の気分を修正するのに、とびっきりの優しい言葉をいくつもと、赤ちゃんをあやすような甘い甘い慰めのキスとハグが、かなり長めに必要だった。

でもいったん機嫌を直すと、もうすっかりいつもの可愛い彼氏くんに戻るのが彼氏のいいところ。私も彼氏の機嫌の直し方は心得ているので、雰囲気をもとに戻すのは時間の問題とわかってはいるのだけど、ちょっと一苦労、仲直りしたあとひそかにため息。


あまり悟らせないように気をつけてはいるけど、やっぱり彼氏と二人きり以外で会うのがあまり好きでないことはばれているようだ。二人でショッピングというのも、私にはけっこう面倒なイベント。私は買い物は一人でする主義。これぞ!という一枚の服を買うのはいつも真剣勝負、人を待たせながらできることではない。男の子なんて論外、お洋服のお買い物は舞台裏のようなものだもの・・・

彼氏は自分の服を私と一緒に選ぶのが大好きなようだ。試着室の外に私を待たせて、服を着ると一緒に中に入って、鏡を見ながら意見を言ってもらうのが楽しいらしい・・・鍵をかけた試着室の中でキスしたり、襲うフリをしたり、はお約束。アメリカの試着室は膝から下くらいが外に見えていて、何もできないようにはなっているのだが。

たまにならいいんだけど、お出かけといえば「一緒にショッピング」だと・・・何度目かにはさすがに疲れてくる。一度「車の中で待っていていい?いそいで買って帰ってきて」と言いかけたら、言い終わらないうちに泣き出しそうなほど悲しそうな顔をされたので、あわてて「冗談よ!ごめんね」と外に飛びださなければならなかった。

とにかく、ひとことでまとめると、「ベッドで二人きりで過ごすのには最高の相手。それ以外はあまり楽しくない」。

というわけで「俺の体目当て?」という質問は、かなり核心をついていて、実はちょっと恐かった。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 今でも、やっぱり結婚すれば良かったのかな、と、考えない日はない。 彼氏と出会わなければ、私は今頃結婚の準備で忙しくしていたんだろうと思う。 国際結婚だから、普通の結婚以上に手続きが面倒で時間がかかる。きっとそういう面倒な手続き一切を私がなんとかしようとして、協力的でない元...
  • 別れるか? 結婚するか? ふとしたときに何の脈絡もなく、元婚約者と過ごした日々のひとこまが頭に浮かぶことがある。 私のお誕生日に彼のアパートに行ったら、キッチンにピンクの薔薇の花が一輪、まだ紙につつまれて置いてあったこと。そのきれいな花弁の形、摘みたての新鮮なピンク色。そ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...