author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

彼氏と会う日のために女子力アップ!

2016年8月31日水曜日 女子力 彼氏

いよいよ来週、私の彼氏が太平洋を越えてやってくる。

そう、彼氏と会えるのだ! なので……女子力アップ、女磨きも大詰めです。


今日は、グロッサリーショッピング大会だった。アメリカ式に、大型スーパーに車でのりつけてトランクいっぱい、助手席と後部座席いっぱいに一週間分の食料品を買い込む、これが「グロッサリーショッピング」。それに私の場合「大会」がつくと、行きつけの日本食スーパー、オーガニック食品のみ扱う店、普通のアメリカのスーパー、最後にエスニック料理をするために中華、韓国などの食材スーパーと、車で「食料店はしご」をするフルコース。

「彼氏くん、何が食べたい?何でも言ってね」と何気なく、のんびりした口調で聞きつつ、手もとにはペンとメモ帳を用意して真剣そのものの私。「えーと、美樹ちゃんのうな玉どん!美樹ちゃんの春巻き!あとタイ風ココナッツカレー!それとあの、トマトとー、バジルと、なんか白いチーズの重ねたやつ(カプレーゼのことらしい)・・・」延々と続く彼氏くんのリクエストを必死でメモしていく。

うーん、具体的にリクエストしてくれるのはいいんだけど、前にアメリカに来ていたときに作ってあげたものばっかりで、ちょっと季節感がずれてるんだなー。

でもね、頼まれると作ってあげたくなるもの。だから昨日は帰宅してから、必要な食材のリストを各スーパーごとに作成し、今日、効率良く全部まわれるようコースづくりなどもしておいたのだ。中華や韓国料理の本格的食材が簡単に手に入るのは、多国籍国家アメリカのいいところかもしれない。こういう環境にいるうちに、いろいろ作っておきたいな、という個人的な理由もあってつい、いろいろ買い込んでしまう。


もちろん彼氏くんの「僕が美樹ちゃんにつくってあげたい」という希望を満足させてあげるためにも、「お昼ご飯は彼氏くんが作って、私の帰りを待ってるのよ!」と言っておく。そうそう、来週私はほぼまるごと午後半休を申請してしまったのだ。これも今日最終的に許可がおりた。よしよし!これで午前中だけ仕事、彼氏くんが迎えに来て会うと、一緒にランチしにいく、という計画が実行できる。

半休じゃなくて丸一日の休暇をとってもよかったんだけど、1週間ずっと一緒にいるので、午前中だけ離れているくらいでちょうどいいと思ったのだ。どうせ午前中って一緒にいても家でごろごろしてそうだし。一日一回、「待ち合わせして会う」とかするのって新鮮さを保てていいしね。

明日は、早起きしてまずはソルトウォーターフラッシュ実行、ダイエットの最後の仕上げ。

気分も体も軽々、という状態で、どこも空いている午前中に、ショッピングセンターに出かけてお気に入りブランドめぐり・・・これは超真剣勝負!午前中にすべてめぐって厳選した服を試着しまくり、さらに厳選して、2、3点、新しいお洋服を購入予定。

この「会う度に新しい服をそろえる」っていうのも、月に1度か2度しか会えない遠距離恋愛だからこそ可能なことであり、ぜひ活用すべきアドバンテージなのだ。ダイエットの目標も設定しやすいし。

今回はほんと、大幅に体重が落ちたこともあって、サイズダウン予定。あー、ウエストがゆるくないスカート探すの大変そう。・・・って、すごく嫌味なやつみたい?いいえ、これはアメリカの話なので、標準的な日本人の大人女子なら共通の悩みなのです。

それでも服買うのってなんか嬉しい。明日は本当に楽しみ。日本のコスメ情報雑誌を取り寄せてこれも厳選した、新しいコスメも買うし、私の定番香水のラインでそろえたソープも買わなきゃ。効率アップのため、好きなブランドのウェブサイトで大体リサーチ済み。数点にしぼってショッピングする予定。

大掃除の仕上げも必要だし、引き出しの中とか見られる可能性のあるものは全部きれいに整頓しなおさなきゃ、いくつか、新しく買うものもあり・・・

ああー彼氏と会うための忙しい準備の週末となりそうな2日間だ。さて二日間でどこまで女子力アップできるか? 全力投球だ。
でも、こんなとき断食しているのは本当に楽、だって食事とその準備と後片付けの時間、すべて他のことに使えるし。

自宅エステにも時間がたっぷり必要だし、夜8時に就寝だし・・・でも今日のところまではすごく順調。とくにラッキーで思わず「YES!」と叫んでしまったのは、生理が今日来たこと!だって、生理の前から肌の調子は悪くなるし全体にむくんだ感じになるし、体重は増えるし、あまり恋愛向きといえない状態になるんだけど、そういうのが生理明けに全部まとめてスッキリ改善するんだよね。

これがちょうど彼氏くん到着の日の前日あたりに、明ける予定なんだなー。終わるとほんと、お腹が張った感じがすーっときれいになくなってほっそりした気分になるし(気分だけど、あくまで)、肌もバイオリズムも絶好調になるし、それに、ダイエットした月の生理のあとって一段と体重が減る。

ちょっとでもずれたら最悪なときに彼氏と会う可能性もあったわけで、私ってほんとラッキー。やっぱり神様は私の味方なのね、いつでも、私がどんな選択をしようとも。嬉しいな。神様、ありがとう!

生理とSWF(ソルトウォーターフラッシュ)、そしてレモネードダイエットが重なると、これはもう、究極のディトックス(体の毒素抜き)なのでは。

なんだか、彼氏と会う来週には私、違う人間になってしまいそう!

それにしてもここまで気合いれて頑張っていると、本来の目的を見失いそうだ。多分、彼氏くんに対する気持ちそのものより、久しぶりの本格的恋愛を思う存分楽しみたいっていう私個人の趣味?に近いものがあるのかも。年下の男の子に合わせるっていうことが、こんな強いドライバーになるとは。

もちろん彼氏と会えること、一緒にすごす日々が来るのはほんと楽しみなんだけどね‥
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 車にお財布置いてきちゃったから、先に部屋に入っていて。そう言って彼氏がホテルの部屋の鍵を手渡したとき、何かちょっと変だな、とは思った。 普段はそんなときもうちょっと慌てるし、ほんの少し離れるだけでも寂しがって私をいったんギュッと抱きしめるのがいつもの彼氏なのに、妙に冷静であっ...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • マンハッタンの夜景が眼下に見えてくると、いつも、その世界中の他のどの都市とも違うダイナミックな輝きに思わず目を奪われてしまう。オレンジ色の無数の灯りが呼吸するように瞬いて、マンハッタン島はまるで一つの大きな生き物のようだ。 元婚約者とは、通算でどれくらいの時間を過ごしたんだろ...
  • 相手はアンディというイギリス人の男の子だった。欧米から日本に駐在にくる外資系企業の社員が皆そうであるように、南青山というとんでもない場所に彼は住んでいて、そのとんでもなく高級なマンションの一室に私たちはいた。 そうして、彼との行為中に泣くということを私は初めて経験した。 彼...