author

恋愛体質の女は結婚できない?
26歳と33歳で二度の婚約破棄に至る理由は、結婚よりも恋愛をえらぶ女だから。アメリカ在住の私は34歳。24歳の今彼との恋愛を中心にアメリカ人の元婚約者に元彼を加えた三人の男性との恋愛事情
スポンサーリンク

感情をぶつけられない婚約者と気持ちに向き合ってくれる彼氏

2016年12月12日月曜日 元婚約者

今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。

その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。

でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。

遠距離が長くなるといろいろと蓄積されてくる寂しさや苛立ちもあり、あーなんかもうヤダ!という感情が盛り上がってきたら、それは涙になってあふれてしまった。

そう、きっかけはほんのちょっとしたことだったんだけど、それまでにいろいろたまっていたことがあったんだなあ……。
今日の出来事には直接関係なくても。最近ちょっとだけ仕事が忙しかったし。

いつもいつも、年下の可愛い彼氏くんにお姉さんぽいところを見せようとして、彼がスネたり怒ったりしても「ハイハイ」と余裕で対応していた私も、ひょっとしたら弱っていたのかもしれない。


私だって寂しいし誰かに頼ったりしたくなるよー、というようなことを口にしたらなんだか自分がけなげで可哀相な気がしてきてしまって(??)、うわーん、と大泣きしてしまったのだった。

でもその3秒後くらいに気持ちは収まったんだけど。しばらくすすり泣く私、その合間に「ごめんね、ごめんね、ごめんね」と100万回くらい繰り返す彼氏くん。
でも、ひとしきり泣いて抗議して、仲直りしたら、本当に気持ちがスッキリした。

お互いに感情を見せあって気持ちを伝え合って、少しずつ本物のカップルになっていくという実感をつかみつつある。

そしてこんなとき私はいつも、元婚約者のことを考える。
元婚約者には、自分の気持ちをこんなふうに激しく、はっきりと伝えることができなかった。一度も。

言葉の問題ではなくて、どこかでいつも、「どうせ元婚約者はわかってくれない」というあきらめと怒りがあった。

自分の意見というものが常に明確で自己主張が激しい元婚約者のことを、私は人間として尊敬はするのだけど、恋人としては、頑として意見を譲らない彼を「冷たい」と思わずにいられないことも多かった。

過去の言い争いを思い出して、何年も経っているのにそのときの怒りがよみがえってきて眠れなくなるような夜もあったりした。

そんなとき、ああ、私の怒りの感情は表現されることなく放出されずにまだ、体の中でくすぶっているんだなあ、と思った。こうやって怒りがどんどん蓄積されていったら精神衛生的に良くないんだろうなあ、とも。

ただ元婚約者といるときは、それは私の性格のせいだと思っていた。私がなかなか怒りを感じてもそれを表現できないタイプの人間なんだと。
そうじゃなかったんだなー、あれは相手が元婚約者だったからなんだ!
と悟ったのが今日の出来事だ。

泣きながら、言葉はとてもスムーズに出てきた。言いたいことは全部言えた。言ってしまって大丈夫、彼氏くんが全身で耳を傾けてくれてる、と確信することもできた。

どうでもいいような独り言だって、彼氏はいつも全身で聞いてくれるんだもの。

シーツ取り替えようっと、と小さく独り言で言ったって、飛んできて一緒に替えてくれるんだもの。

私が泣きながら抗議する言葉なんて、もう神様の声のように全身全霊で受け止めてくれてしまうに決まってるのだ。

初めて泣かされちゃった日だけど・・・

私にとってはまたひとつ、自分の選択が正しかったと確認できて、彼氏くんをもっと好きになって、そしてちゃんと気持ちを伝えられる自分を発見できた、嬉しい出来事だった。 
スポンサーリンク
スポンサーリンク

  • ?±??G???g???[?d????u?b?N?}?[?N???A

よく読まれている記事

    女性が使いやすい!大人の恋愛サイトPCMAX
    創設から10年以上の会員数700万人を突破したマッチングサービス
  • 日本にいる私の彼氏くんの米国出張予定が決まった。今月中旬。今日で、次回会えるまで2週間を切ったことになる。 そこで、私の「大好きな彼氏とのデート二週間前から始める女子力アップ」の始まり!! そう、ここぞというデートのときは、常に当日の2週間前から女子力をマックスにあげる...
  • ――そんな彼氏の自覚のなさ、妙な自信のなさは、いったいどこから来るのだろう。ときどき真剣に分析したくなる。 別に、「何を好き好んでこんな年上と?きっと何か理由があるに違いない」と卑屈になっているわけじゃないけど、やっぱり生物学的に自然に考えて、10歳年上の女性とつきあえる男の...
  • 車にお財布置いてきちゃったから、先に部屋に入っていて。そう言って彼氏がホテルの部屋の鍵を手渡したとき、何かちょっと変だな、とは思った。 普段はそんなときもうちょっと慌てるし、ほんの少し離れるだけでも寂しがって私をいったんギュッと抱きしめるのがいつもの彼氏なのに、妙に冷静であっ...
  • 今日は初めて彼氏に泣かされてしまった。 その原因となった出来事については、まあ、カップルのケンカなんて他人にはあまりにくだらない内容だったりするから詳しくは書かないけど……。 でも書く。冷たくされたとか傷ついたとかではなく、どちらかというと「怒りの涙」だ。 遠距離が長...
  • もし、年下彼氏のことを本当に体だけが目当てなんだとしたら、私は「若い男の体に目がくらんで、結婚目の前にして婚約破棄した」相当お馬鹿な女ってことになってしまう。それ、まさに…恋愛体質で結婚できない女だ。 が……完全否定もできないかも。 婚約破棄を決意した当時のことを今思い出す...
  • 相手はアンディというイギリス人の男の子だった。欧米から日本に駐在にくる外資系企業の社員が皆そうであるように、南青山というとんでもない場所に彼は住んでいて、そのとんでもなく高級なマンションの一室に私たちはいた。 そうして、彼との行為中に泣くということを私は初めて経験した。 彼...
  • 今でも、やっぱり結婚すれば良かったのかな、と、考えない日はない。 彼氏と出会わなければ、私は今頃結婚の準備で忙しくしていたんだろうと思う。 国際結婚だから、普通の結婚以上に手続きが面倒で時間がかかる。きっとそういう面倒な手続き一切を私がなんとかしようとして、協力的でない元...